CALENDAR
09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ファッション誌 A to Z
ブログ内検索
写真集
アート・デザイン誌
音楽誌
シネマ・映画誌
映画
コレクション映像
デザイナー名鑑
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
910位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
このブログの順位は?
カウンター
世界中の有名無名問わずファッションを中心に音楽、映画、写真、アートなどなど気になるものをとにかく紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有望デザイナーの登竜門「イッツ」存続の危機

TKY200908070181.jpg

有望新人の世界への登竜門として知られるファッションコンテスト「イッツ」。その第8回の審査会が北イタリアのトリエステで、7月10、11日に開かれた。数ある新人コンテストの中でも特に独創的な出品が多いことで注目されてきたが、経済危機を背景に協賛企業からの援助が困難になったことで、来年以後の存続が危ぶまれている。

 トリエステは、中欧スロベニアとの国境に臨む人口20万人ほどの古い港町。コンテストの発起人で運営も行うバーバラ・フランチンさんの本拠地である。

 今年は80カ国、1392人の応募の中から、服と小物、写真の各部門で計50人が最終審査会に参加した。

 服の最優秀賞は、伝統的なメンズスーツを解体したり寝袋をつけたりと様々に変容させながらも端正に仕上げた韓国出身のメイソン・ジャンが受賞した。「服装や生活スタイルが均質化している韓国の若者を鼓舞したくて」とジャンは語った。賞金2万ユーロ(約270万円)。

 賞金5万ユーロのほかに協賛のディーゼル社で研修ができるディーゼル賞には、ドイツのアリス・ナクフスが選ばれた。規範でがんじがらめの現代社会を制服や紳士服にたとえ、そこに明るい色を加えたメンズスタイルで自由な方向性を表したという。

 今回の出品では、メンズが半数近くを占めた。デザインが飽和状態のレディースより、メンズの方が可能性に富んでいるということらしい。また、特別賞の作品に見るように、後加工などを施した凝った素材や造形的なシェイプなど、技術的にもレベルの高い作品が目立った。

 小物部門で1万ユーロが贈られるYKKアクセサリー賞は、アントワープに留学後、日本に帰国した中里唯馬(ゆいま)に決まった。折り紙をヒントにファスナーで開閉すると平らになるブーツを発表。「コンテストで貴重な人脈ができた。ラトビア共和国でのショーに招待された」と中里。

 イッツは、International Talent Supportの略。世界中のファッション系の学校から出品を募り、受賞後の支援にも力を入れてきた。開催中に審査員のデザイナーやジャーナリスト、有名ブランドのスカウトらと自由に交流できる場も設けている。パリや東京コレクションで注目されるキャシー・ピルや坂部三樹郎らも輩出した。

 しかし、昨今の不況から支援企業の協賛金不足となり、規模縮小やウェブサイトなどでの開催を検討中という。運営責任者フランチンさんは「デザイナーとして成功するには7、8年の下積みが必要。受賞者を長く支援するイッツのシステムは貴重だったのに」と唇をかむ。

 メーンスポンサーであるディーゼルのレンツォ・ロッソ社長は「コンテストもより現代的で画期的な方法に変えていく時期かもしれない」と語る。会場を訪れたデザイナーのウォルター・ヴァン・ベイレンドンクも「いい企画だった。細々とでも続ければ道が開けるのでは」。

 若手デザイナーへの支援は、いま世界的に困難な状況を迎えている。日本の様々な企画も資金調達に四苦八苦しているという。とはいえ、不況下こそ新しい創造性を求める声は強い。人気デザイナーの多くが高齢化する中で、どうにかして若手を育てていく必要があるからだ。(編集委員・高橋牧子)

text : asahi.com



スポンサーサイト

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

東京オペラシティでアントワープのデザイナーを紹介する展覧会「6+(シックス・プラス) アントワープ・ファッション」開催

antwerp-six.jpg

「6+ アントワープ・ファッション」展

オープニングトーク「アントワープを語る」

4月11日[土]から始まる「6+ アントワープ・ファッション」展では、様々な関連イベントを予定しています。
その第一弾となるのが、展覧会初日に行われるオープニング・トーク。本展の展示デザインを手がけた、ヒェールト・ブリュロート氏による基調講演ほか、アントワープ王立美術アカデミーファッション学科の卒業生、そして、アントワープ・ファッションをいち早く日本に紹介したバイヤーなど、普段お話を聞く機会の少ない方々が登場します。
アントワープ・ファッションの魅力を語りつくす、充実の2時間!どうぞふるってご参加ください。


オープニングトーク「アントワープを語る」

日時 4月11日[土]14:00~16:00
内容 第1部:アントワープ・ファッションの揺籃期
第2部:アカデミーのカリキュラム
第3部:日本における受容
パネリスト  ヒェールト・ブリュロート(本展会場デザイナー)ほか
会場 東京オペラシティビル 7F 会議室
(7階会議室へは、オペラシティビル2階エレベーターホールより高層階行きエレベーターをご利用ください。)
料金 無料
定員 150名
申込 要申込
主催 (財)東京オペラシティ文化財団
服飾文化共同研究拠点「現代日本ファッション・デザインの研究」
問い合わせ 東京オペラシティアートギャラリー 03-5353-0756

期間:2009年4月11日[土]─ 6月28日[日]

会場:東京オペラシティアートギャラリー(3F ギャラリー1・2)

開館時間:11:00 ─ 19:00
(4/17を除く金・土は11:00 ─ 20:00/いずれも最終入場は閉館30分前まで)

休館日:月曜日(ただし5/4[祝]は開館)

入場料:一般1,000円(800円)、大学・高校生 800円(600円)、中学・小学生 600円(400円)

お問い合わせ:東京オペラシティアートギャラリー 03-5353-0756

詳細はこちら



6 + Antwerp Fashion6 + Antwerp Fashion
(2007/02)
Geert BrulootDebo Kaat

商品詳細を見る




テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

ビルマニアカフェ2008

35386670_145.jpg

日時:2008年10月11日[土],12日[日] OPEN 12:00 CLOSE 19:00

会場:西谷ビル2号館3階(大阪市西区南堀江1-10-11)

料金 :
11日:charge free(1ドリンク制)
12日:charge 1500円(1ドリンク付)

問い合わせ先:bmc2008@s-takaoka.net

■主催:ビルマニアカフェ実行委員会 岩田雅希(アートアンドクラフト・設計担当)
井上タツ子(『喫茶 大大阪』店長、『夜長堂』店主)
阪口大介(アートアンドクラフト・建物再生コーディネーター)
高岡伸一(建築家、大阪市立大学都市研究プラザ特任講師)

■協賛:大オオサカまち基盤

■協力:西谷商事株式会社、株式会社アートアンドクラフト、レトロ雑貨・家具レアレア、ビバコンピュータ株式会社、みんなの不動産

■グラフィックデザイン:山野英之+関田浩平

text: ビルマニアカフェ



テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

ユニクロが企画するTシャツデザインの世界的コンペティション「UT GRAND PRIX 09」の公募がスタート!

Uniqlo_UTGP_FLYER-thumb-545xauto.png
「UNIQLO(ユニクロ)」が、Tシャツデザインの世界コンペティション「UT GRAND PRIX 09」の公募をスタートした。

 2005年に開始したこのコンペは、Tシャツをキャンバスとして捉え、年齢、性別、国籍等あらゆる制限を設けず、全世界に向けてデザインを公募、世界のトップクリエイターを審査員に招聘して開催するTシャツの一大デザインコンペティションとなる。

 第5回目となる「UT GRAND PRIX 09」は、よりグローバルな開催を目指し、アーティストの発想を自由に表現した作品をインターネット上の専用公募サイト(http://ut.uniqlo.com/utgp)から募集している。もちろん、世界のどこからでも応募が可能。審査員には佐藤可士和氏(アートディレクター)、草間彌生氏(前衛芸術家)らを迎える。

 また、コンペ開催5周年を記念し、第一次審査終了後にサイト上で「UT GRAND PRIX」をより楽しめる新たな展開が予定されている。最終審査は2009年春。グランプリ受賞者には、Tシャツの商品化と共に賞金300万円が贈られる。

 公募期間は、2008年9月21日まで。

text: Fashionsnap.com



Tシャツ・デザイン500Tシャツ・デザイン500
(2006/08)
ページワンパブリッシング

商品詳細を見る




テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

大竹昭子×穂村弘 スライド上映&トーク&サイン会 これが私の「すごい写真」『この写真がすごい2008』刊行記念

32744178_86.jpg

日時 : 7月13日(日)18:00~20:00(開場17:30~)

会場:ABC本店内・カルチャーサロン青山

定員:120名様

入場料:500円(税込)電話予約の上、当日ご清算

電話予約:ABC本店  03-5485-5511

受付時間: 10:00~22:00

イベントページ
http://www.aoyamabc.co.jp/10/10_200807/20082008713.html
オンラインチケット予約受付中!
http://www.aoyamabc.co.jp/10/10_200807/20082008713.html

<書籍紹介>
この写真がすごい2008この写真がすごい2008
(2008/06/27)
大竹昭子

商品詳細を見る

『この写真がすごい2008』
大竹昭子・編著/寄藤文平・ブックデザイン/朝日出版社・刊
B5判変型・256ページ・オールカラー/1,900円(税別)

誰が撮ろうと、どこにあろうと写真は写真。その面白さは無差別級。プロ・アマ問わず、3歳から90歳まで、本や雑誌、展覧会、ポスターからインターネットまで、この1年に見つけた、あなたの日常をゆさぶる100の写真を収録。「R25」などで活躍中の寄藤文平氏が本をまるごとデザイン。写真を見て思わず口をついて出た編著者の言葉を、写真へのひとつの入り口として添えました。見て面白い、読んで楽しい、まったく新しい写真の体験へようこそ。

<プロフィール>
大竹昭子 (おおたけ・あきこ)
1950年東京生まれ。作家。1979年から81年までニューヨークに滞在し、執筆活動に入る。『眼の狩人』(新潮社、ちくま文庫)では戦後の代表的な写真家たちの肖像を強靭な筆力で描き絶賛される。著書は他に『アスファルトの犬』(住まいの図書出版局)、『図鑑少年』(小学館)、『きみのいる生活』(文藝春秋)など多数。都市に息づくストーリーを現実/非現実を超えたタッチで描きあげる。自らも写真を撮るが、小説、エッセイ、朗読、批評、ルポルタージュなど、特定のジャンルを軽々と飛び越えていく、その言葉のフットワークが多くの人を惹きつけている。現在、トークと朗読の会「カタリココ」を多彩なゲストを招いて開催中。

穂村弘 (ほむら・ひろし)
1962年北海道生まれ。歌人。1990年に歌集『シンジケート』(沖積舎)でデビュー。シュールな短歌で高い評価を得たが、近年はエッセイなどの散文でも幅広い人気を集めている。歌集に『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』、『ラインマーカーズ』(ともに小学館)、詩集に『求愛瞳孔反射』(新潮社、河出文庫)、エッセイに『世界音痴』(小学館)、『本当はちがうんだ日記』(集英社)など多数。2008年、『楽しい一日』で第43回短歌研究賞、『短歌の友人』(河出書房新社)で第19回伊藤整文学賞(評論部門)を受賞。


テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

 
最新の記事
YOOX.COM(ユークス)
YOOX.COM(ユークス)
ファッション関連の本

アンダーカバー

featured by W.W.

MADSAKI/JUN TAKAHASHI

INTERMISSION

ヴィヴィアン・ウエストウッド

Vivienne Westwood

A London Fashion

Design Monograph

ヴィクター&ロルフ

Viktor & Rolf

Haut Couture Book

エイプ

2007 SPRING/SUMMER

2007 AUTUMN/WINTER

エディ・スリマン

Stage (Editions 7L)

Intermission 1

Courtney Love

London Birth of a Cult

Berlin Hedi Slimane: 7L

ココ・シャネル

シャネル 人生を語る

シャネルの真実

コズミックワンダー

The dress attachable a wall

コムデギャルソン

スタディ オブ コムデギャルソン

川久保玲とコムデギャルソン

シアター・プロダクツ

シアタープロダクツのメソッド

ジィーディーシー

GDC vol.3

GDC vol.4

GDC Complete book

Kj × GDC

シュプリーム

Supreme BOOK VOL 3.

2006 AUTUMN & WINTER

ジョルジオ・アルマーニ

Giorgio Armani

Giorgio Armani Mens Wear

Faces Of Sport

ソフ

SOPH.MAGAZINE

SOPH.SOCCER GRAPHIC

トム・フォード

Tom Ford

Visionaire 24 Light Tom Ford

ドルチェ&ガッバーナ

10 Years of Dolce & Gabbana

20 Years of Dolce & Gabbana

Dolce & Gabbana (Memoirs)

ナンバーナイン

NUMBER(N)INE

ネイバーフッド

NEIGHBORHOOD MAG vol.1

NEIGHBORHOOD MAG vol.2

バレンシアガ

Balenciaga Paris

Balenciaga (Fashion Memoir)

M´EMOIRE DE LA MODE

フセイン・チャラヤン

Hussein Chalayan

C Magazine

ブレス

10 Years of Themelessness

マルタン・マルジェラ

LA Maison Martin Margiela

2000-1

Street

ラフ・シモンズ

Raf Simons Redux

The Fourth Sex

ヨージヤマモト

M´EMOIRE DE LA MODE

A Magazine

Yohji Yamamoto (Memoirs)

福田春美(WR)

ファッションディレクターの言葉と心と夢

このブログのランキングは?

     

     

にほんブログ村 ファッションブログへ

     

にほんブログ村 ファッションブログ トレンド情報(ファッション)へ

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
バロメーター
ページランク