CALENDAR
07月 « 2006年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ファッション誌 A to Z
ブログ内検索
写真集
アート・デザイン誌
音楽誌
シネマ・映画誌
映画
コレクション映像
デザイナー名鑑
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
889位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
このブログの順位は?
カウンター
世界中の有名無名問わずファッションを中心に音楽、映画、写真、アートなどなど気になるものをとにかく紹介。
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UNIQLO × Designers

1246482_231.jpg

ユニクロでデザイナーズインビテーションプロジェクトが始まりました。

簡単に言うとパリや日本で活躍する新進気鋭の若手デザイナーたちとユニクロのコラボ!!

以下参照(参加デザイナーと販売日)

・Felipe Oliveira Baptista 販売中

・KINGLY THEATRE PRODUCTS 9/15 販売予定

・Nicolas Andreas Taralis 10/6 販売予定

・Scye '06 WINTER 販売予定

・Adam Jones '06 WINTER 販売予定

・Mintdesigns '06 WINTER 販売予定

正直、デザイナーとのコラボってH&Mの二番煎じって感じですが、そこはお金の力?とにかく、やってしまった、一線を超えてしまった感じがします。しかも、大御所と呼ばれるデザイナーではなく、才能溢れる若手っていうところが何かやるせない感じ‥。しかも、どれも今、旬のデザイナーってところも。

これも時代の流れ?

でも、正直やって欲しくなかったなぁ‥

RTEmagicC_baptista-photo.jpg

特にFelipe Oliveira Baptista はパリ オートクチュール でコレクション発表してて実力もセンスも地位もこのメンバー中でも別格なのに、、、えっなんでここにいるの?居ちゃダメだよって感じがします。

とにかく、今回のデザイナーの共通点は「若手」ってだけで、その他ちょっと、ちぐはぐな感じがします。そして、マスであるユニクロとのコラボが一般の人が絶対知ってるいるとは思えないデザイナーズブランドであること。(誰もが知ってる大御所デザイナーなら話題性もあるけど、今回のコラボは明らかにコアな気がして話題性も薄い気が‥。)

シアタープロダクツがインタビューで言ってたけど、
「ユニクロを通して色んな人に着てもらいたい」って、でもそれもどうなのかなぁ‥って‥

デザイナーズブランドを買う理由って、デザインとか品質の良さはもちろんだけど、その希少性(ステータス)とかブランドのアイデンティティ、バックグラウンドが一番だと思うんだけどな‥

色々と言いたいことも尽きないけど‥

でも、そんな元気のあるユニクロ好きです。笑)

とにかく、これからの商品が楽しみです!!
(実際に商品見れないのが残念だけど、、、)

パリ進出期待してます。

uniq1.jpg uni2.jpg im20060822NN001Y1242208200613.jpg


公式サイト
Designers invitation
UNIQLO MIX

ユニクロに関する本
relax特別編集 IT'S YOUR LIFE あなたはユニクロが嫌いですか?
ユニクロ方式?柳井流・常識破りの戦略ノート
「ユニクロ」!監査役実録?知られざる増収増益の幕開け
ユニクロマーケティング方式?大量生産・大量販売の市場独占戦略
消費者心理はユニクロに聞け!
ユニクロ急成長の秘密?ひとり勝ちを生む経営革命・販売革命
ユニクロ 異端からの出発
ユニクロ・買う気にさせる心理学
語録・ユニクロの戦略戦術?勝利するビジネスモデルの研究
無印良品VSユニクロ?小売りを塗り替えるSPA戦略のすべて
ユニクロ柳井正?熱いハートを持った超クール経営の実像
どうしてもユニクロに勝てない無印良品


Fashion Ranking
スポンサーサイト

テーマ:ファッション - ジャンル:ファッション・ブランド

Villa Savoye

207735493_33.jpg

先週、以前からずっと行きたかったル・コルビュジェのサヴォア邸にようやく行ってきました。

写真などでは見たことがあっても、実際に現地まで行って本物を見て体験するとまた違った感じ方、感動がありました。

例えば写真だけではわからなかった、その建物が建っている土地の様子(周りの風景だとか、街の雰囲気だとか、)それに建物内部の様子(採光や空気の循環、細部‥)などを実際に目で見て肌で感じる事が出来ました。特に採光と風通し、立地の良さは抜群で、それだけで気持ち良いと感じる空間でした。

しかし、、、
玄関ホールからの(ゆるやかな)勾配と言われるものは、実際歩いてみると少しキツいと感じる勾配だったり‥←説明と違うじゃん!意外に建物の管理(手入れ)がされてなかったり‥←入場料払ってるんだから、もう少し掃除や花壇の手入れとかしてよって感じ(苦笑)

でも、おみやげ売り場(本やパンフレット)は充実していて(パンフレットや本を読んで)その背景なども知ることが出来色々と勉強にもなりました。


このサヴォア邸は今から70年以上前の建築物(現代建築の5原則を顕著に現した住宅として有名)ですが、自分が将来、家を建てるであろう‥時に取り入れたい要素が、十分過ぎるほどあり、それだけでも、良い勉強と刺激になりました(笑)

でも、実際訪れての個人的なサヴォア邸の印象は住宅というより、(少し機械的でヴォリュームが大き過ぎるっていうこともあって、)住宅<公民館に近い住宅って感じでした(苦笑)

でも、何事も温故知新です。


アクセスはパリから電車で30分くらいで行けます。(RER A線 Poissy駅)


建築に興味ある人もない人も是非!!夢広がります。
207735493_225.jpg


ル・コルビュジェに関する本とDVD

小さな家
建築をめざして
輝く都市
モデュロール 1?建築および機械のすべてに利用し得る調和した尺度についての小論 (1)
モデュロール 2?発言は使用者に ル・モデュロール1948年の続編 (2)
三つの人間機構
ユルバニスム
四つの交通路
住宅と宮殿
建築へ?ル・コルビュジェ ソーニエ
ル・コルビュジェ
伽藍が白かったとき
アテネ憲章
今日の装飾芸術
ル・コルビュジェの手帖?東方への旅
ル・コルビュジェ DVD-BOX


Fashion Ranking

Marie Antoinette & La Science des reves

今日、立て続けに2本映画観てきました。

206506980_58.jpg

1本目はソフィア・コッポラ新作のマリー・アントワネットの伝記映画。
普通によかったです。当時のファッションを映像を通して見れただけで個人的には十分楽しめました。それに映像、音楽、演出‥センス、ユーモアとソフィアらしさが随所に出ていて、ストーリーのテンポも良く、あっと言う間の2時間でした。でも、人の生涯(しかも、マリーアントワネット)を2時間で表現するって、どうしても無理あって物足りなさも感じましたけど、、、
でも、豪華絢爛だった時代のヴェルサイユ宮殿の当時(貴族)の生活を見るだけでも見る価値ありです。
ストーリーの焦点としては前作のロスト・イン・トランスレーションに似てます(苦笑)

206506980_48.jpg

2本目のミシェル・ゴンドリーの作品は良い意味で意味がわからない奇才映画ですが、ストーリーとしては、青年が隣人に恋をするという単純明快なセンチメンタル映画でよかったです。特に小道具的な物が好きでした。でも、石井克人監督のPARTY7に少しかぶる感じがありました(苦笑)

ちなみに個人的オススメ、ミシェル・ゴンドリー4作品(PV)

Daft Punk / Around The World
http://www.youtube.com/watch?v=vUoUpLMfngA

Chemical Brothers / Let Forever Be
http://www.youtube.com/watch?v=UJyHEhdszDg

Chemical Brothers / Star Guitar
http://www.youtube.com/watch?v=CBgf2ZxIDZk&mode=related&search=

Bjork / Human Behaviour
http://www.youtube.com/watch?v=RmHnhdPgzWM

206506980_18.jpg


ソフィア・コッポラに関する映画と本

ロスト・イン・トランスレーション
ヴァージン・スーサイズ
ソフィア・ファイル SOFIA・FILE
ロスト・イン・トランスレーション
ソフィア・コッポラ写真集 SC
THE VIRGIN SUICIDES

ミシェル・ゴンドリーに関するDVD
DIRECTORS LABEL ミシェル・ゴンドリー BEST SELECTION
エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション
ヒューマン・ネイチュア コレクターズ・エディション
DIRECTORS LABEL スペシャル・トリプル・パック (初回限定生産)



Fashion Ranking







CAROL CHIRISTIAN POELL

115986300_176s.jpg

2年半前に発表されたCAROL CHIRISTIAN POELLのコレクション「Mainstream/Downstream」の映像が見れます。

http://www.carolchristianpoell.com/ (※左上をクリック)

このコレクションを発表した当時、雑誌で見て衝撃だった。

コレクションの服をまとったモデル達がゆっくりと川に流されているという発表形式。

発表当時のデザイナーインタビュー
「今回、テーマとなったのはメインストリーム/ダウンストリーム。今、ファッション界は川の流れのように皆が同じ方向に向かって流れている。間違っていたと気づいた時はすでに遅く、すべて流れ去ってしまうのです。そのことに対する危機感を皮肉を交えて表現したかった。」

このデザイナーは毎回、しっかりとしたテーラリングを作りながらも独自の素材開発、縫製始末、そしてアプローチの仕方が面白い!とにかくファッションへのアンチテーゼが人一倍強いデザイナーである。

メンズ(テーラリング)という個性が出しにくい分野においても、その独自性と創造性は群を抜いていると思う。

こういったデザイナーを目にするたびにファッションは外見だけのデザインでないことを改めて考えさせられる。

とにかく、CAROL CHIRISTIAN POELLは好きなデザイナーのひとりです。

Profile

1966年オーストリア生まれ。
テーラリング技術をテーラーを営む父に学ぶ。
オーストリア・グラーツでファッションデザインを学び、その後ヴェネチアのファッションコスチューム総合大学で紳士、婦人服のテーラーに関する学位を習得。
その後、ミラノのドムスアカデミーでもテーラリングを学ぶ。
現在、最高峰のデザイナーの一人である。

115986300_40s.jpg



Fashion Ranking


本場パリのファッションを学びたいなら!エスモード!!資料請求はコチラ!



テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド

ブログ始めました。

パリ生活も今年で2年目です。

今は某アパレルブランドにてデザイナーアシスタントをしています。

毎日、ファッションを中心に世界の有名・無名関わらず自分の興味、関心あることを基本に紹介していきたいと思っています。
特にまだ世間ではあまり知られていないような、ちょっとレア(マニアック)な情報なども、どんどん載せていくつもりなのでお楽しみに!!

気になる記事などありましたら、コメント頂けたら嬉しいです。

よろしくおねがいします。
 
最新の記事
YOOX.COM(ユークス)
YOOX.COM(ユークス)
ファッション関連の本

アンダーカバー

featured by W.W.

MADSAKI/JUN TAKAHASHI

INTERMISSION

ヴィヴィアン・ウエストウッド

Vivienne Westwood

A London Fashion

Design Monograph

ヴィクター&ロルフ

Viktor & Rolf

Haut Couture Book

エイプ

2007 SPRING/SUMMER

2007 AUTUMN/WINTER

エディ・スリマン

Stage (Editions 7L)

Intermission 1

Courtney Love

London Birth of a Cult

Berlin Hedi Slimane: 7L

ココ・シャネル

シャネル 人生を語る

シャネルの真実

コズミックワンダー

The dress attachable a wall

コムデギャルソン

スタディ オブ コムデギャルソン

川久保玲とコムデギャルソン

シアター・プロダクツ

シアタープロダクツのメソッド

ジィーディーシー

GDC vol.3

GDC vol.4

GDC Complete book

Kj × GDC

シュプリーム

Supreme BOOK VOL 3.

2006 AUTUMN & WINTER

ジョルジオ・アルマーニ

Giorgio Armani

Giorgio Armani Mens Wear

Faces Of Sport

ソフ

SOPH.MAGAZINE

SOPH.SOCCER GRAPHIC

トム・フォード

Tom Ford

Visionaire 24 Light Tom Ford

ドルチェ&ガッバーナ

10 Years of Dolce & Gabbana

20 Years of Dolce & Gabbana

Dolce & Gabbana (Memoirs)

ナンバーナイン

NUMBER(N)INE

ネイバーフッド

NEIGHBORHOOD MAG vol.1

NEIGHBORHOOD MAG vol.2

バレンシアガ

Balenciaga Paris

Balenciaga (Fashion Memoir)

M´EMOIRE DE LA MODE

フセイン・チャラヤン

Hussein Chalayan

C Magazine

ブレス

10 Years of Themelessness

マルタン・マルジェラ

LA Maison Martin Margiela

2000-1

Street

ラフ・シモンズ

Raf Simons Redux

The Fourth Sex

ヨージヤマモト

M´EMOIRE DE LA MODE

A Magazine

Yohji Yamamoto (Memoirs)

福田春美(WR)

ファッションディレクターの言葉と心と夢

このブログのランキングは?

     

     

にほんブログ村 ファッションブログへ

     

にほんブログ村 ファッションブログ トレンド情報(ファッション)へ

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
バロメーター
ページランク