CALENDAR
08月 « 2006年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ファッション誌 A to Z
ブログ内検索
写真集
アート・デザイン誌
音楽誌
シネマ・映画誌
映画
コレクション映像
デザイナー名鑑
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
597位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
このブログの順位は?
カウンター
世界中の有名無名問わずファッションを中心に音楽、映画、写真、アートなどなど気になるものをとにかく紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラダイス・ガラージの時代

大のハウス・リスナーとしてはこの本マジで欲しいです。今はもう知ることはできない、「NYクラブ全盛期」に君臨した伝説のクラブ=パラダイス・ガラージを体験できる貴重な一冊だと思います。なかなかアンダーグランドなジャンルのものって世には出ないんですけど、この時代('70年代後半から'80年代のNY)カルチャーを知るには、本当に良い機会です。


10876483_34.jpg 10876483_171.jpg

書籍『パラダイス・ガラージの時代 』
~ NYCクラブカルチャー・光と影 (上巻/下巻) メル・シェレン著
9.22発売 税込2,625円(各巻)

'70年代後半から'80年代の「NYクラブ全盛期」に君臨した伝説のクラブ=<パラダイス・ガラージ>を主舞台に、そのキーマンである当事者が当時の音楽業界の推移、NY社交界、ゲイカルチャーなど幾つもの視点から克明に回想した貴重な記録書!
DJ NORI,TOHRU TAKAHASHI,HIROMICHI KOBAYASHIによるガラージ・クラシックス解説付き!

1970年以降のニューヨークのゲイシーン、特に80年の12ウェスト、フラミンゴ、ザ・セイントそしてパラダイスガラージまでプライベートダンスクラブの知られざる裏舞台などを知ることが出来る貴重な話満載。

パラダイス・ガラージの時代〈上巻〉NYCクラブカルチャー・光と影
パラダイス・ガラージの時代〈下巻〉NYCクラブカルチャー・光と影



Larry-Levan.jpg

Larry Levan(ラリー・レヴァン)

ハウス・リスナーの誰もが愛し続け尊敬して止まないラリー・レヴァンは、"ガラージ"の語源にもなったニューヨークのクラブ<パラダイス・ガラージ>において76年から10年間に渡ってレジデントDJを務めた。ラテン/ソウル/ジャズ/ロック/ジャーマン・プログレッシヴ/ディスコなどありとあらゆる音楽が、彼の手により魔法のごときイコライジングをかけられ至高のダンス・サウンドへと変貌。博愛のメッセージへと変換されたスピリチュアルな響きは人種を遥かに越え、幾多の人々を魅了し続けたのである。しかし92年、心臓麻痺により他界。――音楽は言葉以上に語ることをレヴァンは教えてくれた。(listen Japanより抜粋)

関連ディスク
The Definitive Salsoul Mixes '78-'83
Journey into Paradise: The Larry Levan Story
Live at the Paradise Garage
Paradise Garage
Classic West End Records Remixes
Live at the Paradise Garage


DJ機材を見る。



スポンサーサイト

Numero TOKYO

cover.jpg

ファッション・ディレクター田中杏子編集長によるNumero TOKYOが発売。
ハニカムでも田中杏子と野口強が対談してますが、たしかに今の東京のパワー(モード)は世界でも絶対通用しますね。ただ、今までそれを世界に発信出来る媒体がなかったってだけで、、、まだ、中身は見てないですが、表紙を見る限りでは、ようやくクオリティの高いファッション誌が日本にも出来たのかなって感じです。でも、所詮のフランス“Numero”の日本版ですけど、、、(苦笑)
コンテンツ見ると内容は「流行通信」とか「SWITCH」に近いのかな。

せっかく、これだけ今、世界からも注目を浴びてパワーとクリエイティビティ溢れる東京で、フランスのNumeroじゃなくて、日本オリジナルで出版できなかったのかなって?ってちょっと疑問ですけど、、、

パリで“Numero”を見慣れてるだけに、“Numero TOKYO”って表紙にちょっと違和感感じます。日本もどーせフランス気触れかぁ‥(笑)


コンセプト 「Numero TOKYO宣言」
毒抜きされたモード誌はもういらない。毒は本質にこそ宿る。
その毒とは・・・?
クリエイションに宿る魂、モノを生み出すエネルギー。
モードにも、ビューティにも、建築にも、アートにも 必ず存在する毒の美学。この美学こそ実は時代や文化を クリエイトしてゆくものだと私たちは信じます。 本物のクリエイションや、ものごとの本質、そして 感性豊かなマチュアな人生を提案、発信します。 クリエイションが詰まったモード誌、Numero TOKYO上陸。


公式サイト
http://www.numero.jp/


Fashion Ranking


ヴィジョネア × 伊勢丹

9802934_229s.jpg

絡め!ファッション&、、、 といえば ヴィジョネア!

Visionaire 49 の全貌が明らかに。

2006年は伊勢丹創業120周年です。これを記念し、伊勢丹の創業記念日である11月5日にVISIONAIRE(ヴィジョネア)49/DECADES(ディケーズ)を発売します。
伊勢丹創業当時の1880年代から2000年代のファッションを10年単位=DECADES(ディケーズ)で捉え、世界的に有名な写真家による撮りおろし写真を13冊の写真集にまとめました。
今回のヴィジョネア49は、創業から120年間つねにファッションの提案をしつづける伊勢丹と、アートから文化まで美意識の高い表現を常に提案しつづけるビジョネアーが今まで挑戦してきた歴史を写真集という形で伝えることで、今後互いに更なる発展を目指した集大成です。


<なぜ伊勢丹とVISIONAIRE(ヴィジョネア)がコラボレーションしたのか…>

2005年2月に新宿本店本館1階ザ・ステージにてヴィジョネア44号「TOYS」(トイズ)を発売。日本でヴィジョネアを書店以外で扱ったのは伊勢丹が初めてだったということもあり、開店前からお客さまの行列ができるほど、大きな反響を呼びました。それ以来ヴィジョネアと伊勢丹の絆を築いてきました。
そして今回、ヴィジョネアの設立者であるスティーヴン・ガン氏から伊勢丹にコラボレーションの依頼がありこの企画が実現しました。

11月に発売予定のヴィジョネア最新作「Visionaire 49 Decades」は過去120年のファッションの歴史がインスピレーション。1880年から2000年までを10年ごとに区切り、それぞれファッション・カメラマンやイラストレーターがその時代の特徴的なスタイルを再現。1880年代はCraig McDean、1910年代がカール・ラガーフェルド、1940年代はブルース・ウェーバー、1970年代がマリオ・テスティーノ、Inez Van LamsweerdeとVinoodh Matadinが2000年代を担当。

参加メンバー
Bruce Weber, Steven Meisel, Mario Testino, Nick Knight, Karl Lagerfeld, David Sims, Glen Luchford
マッツ・グスタファソン、フランソワ・ベルトゥーなど。

11月5日~7日の期間、伊勢丹新宿本店本館1階=ザ・ステージで特設販売されるようです。(amazon予約可)


関連書籍
Decades (Visionaire)
Visionaire 35 Man (Visionaire, No 35)
Visionaire 21: The Diamond Issue (Visionaire , No 21)
Visionaire 25
Visionaire 26: Fantasy
Visionaire 27 Movement
Visionaire 24 Light Tom Ford for Gucci
Visionaire 28 (Visionaire)
Visionaire 29: Woman (Visionaire)
Visionaire 34 Paris Dior Homme (Visionaire, No 34)
Visionaire #31: The Blue Issue
Visionaire #32: Where
Visionaire 39
Visionaire #40: David Sims Roses (Visionaire)
Visionaire # 33: Touch
Visionaire #30: The Game
Visionaire: Play
Visionaire 43 Dreams: Dreams Become Reality In An Issue "Printed" Entirely Without Ink
Visionaire #44: Toys Red
Visionaire 45: More Toys Yellow
Visionaire 46: Uncensored (Visionaire)
Visionaire 47 Taste
Visionaire 48 Magic: VanCleef & Arpels 1904-2006Visionaire 36 Power (Visionaire)


Fashion Ranking

世界で最も影響力のあるファッション・デザイナー BEST10

世界有数のビジネス誌フォーブスが発表した2005年度、世界で最も影響力のあるファッション・デザイナー BEST10


1位クリストファー・ベイリー

2位マノロ・ブラニク

3位ドルチェ&ガッバーナ

4位川久保玲

5位カール・ラガーフェルド

6位ラルフ・ローレン

7位アイザック・ミズラヒ

8位ステファノ・ピラッティ(イヴ・サンローラン)

9位ミウッチャ・プラダ

10位ジョン・ヴァルベイトス


フォーブス(Forbes)

世界有数の経済誌である。 B.C.フォーブスが1917年に創刊した月刊誌で、アジア版など地域別に発行するものや日本語版を含めて7つの言語で発行されている。毎年3月に世界長者番付を発表している。また、その他様々なランキングの編纂でも知られている。
現在の発行人は、B.C.フォーブスの孫スティーヴ・フォーブスである。
日本語版は株式会社ぎょうせいが発行している。(Wikipediaより抜粋)


関連書籍
ファッションデザイナーの仕事がわかる本
ヴィジョナリーズ ファッション・デザイナーたちの哲学
ファッションデザイナー 食うか食われるか
世界のスターデザイナー43


Fashion Ranking


本場パリのファッションを学びたいなら!エスモード!!資料請求はコチラ!



テーマ:ファッションデザイナー - ジャンル:ファッション・ブランド

You Tube

486289_37.jpg

動画共有サイト「You Tube」を利用し始めて、はや半年が経ちました。当時は10分という制限もなかったんだけどなぁ‥まぁ、いいや(^_^;)

で、最近見たオススメの動画を紹介します。


ひとつめは

「たけしの万物創世紀」

http://www.youtube.com/watch?v=K_tPoRm-_UM


当時、リアルタイムで見てたけど、見逃してる回とかもあったりして、、、今見ても、これだけ充実して実のある1時間番組、他はないんじゃないっかって言うぐらいにホントおもしろい。特にテーマから興味をそそります(笑)+たけし、おもしろい。


1回「地球誕生から人類の進化・46億年の感動」

2回「もうひとつの恐竜伝説」

3回「クジラの歌声が聞きたい」

4回「ネコが可愛くなった理由」

5回「ヒトはなぜ恐怖を欲するのか?」

6回「ゾウの目はなぜやさしい」

7回「サケ 未来への伝言」

8回「太陽 Truth of the Universe」

9回「不思議の大陸オーストラリア 有袋類がたどった進化の謎」

10回「富士山は眠らない」

11回「飛べない鳥たちの夢」

12回「いつもそばにイヌがいた 幸福の条件」

13回「ヒトは何故42.195kmを走るのか」

14回「風邪が教えてくれること 一番身近な知らない病気」

15回「東京湾 Tokyo bay」

16回「不思議の大陸オーストラリア 卵を産むホ乳類」



ふたつめは

「NHKドキュメント・硫黄島玉砕戦 61年目の真実」

http://www.youtube.com/watch?v=z5ccHCMjcLM


知らなかった当時の戦争の事実をドキュメンタリーで見ることができます。この事実を知らなかったのは同じ日本人として恥ずかしいと思えるぐらいの衝撃と感動を受けました‥

この硫黄島での戦争を扱った映画が年内公開されるみたいです。
監督はクリント・イーストウッド。しかも、この戦争を日本からの視点とアメリカからの視点と二本あるみたいです。
ちなみに「硫黄島からの手紙」が日本からの視点。「父親たちの星条旗」がアメリカからの視点。歴史の残る戦いを双方の視点から描くというのは、制作した国が一方的に「善」として描くのではなく、理にかなった手法(考え方)だと思いました。でも、実際戦争は「善」とか「悪」の問題ではないですよね、、、そうゆう意味でも、注目の映画です。



最後は

「中田英寿 引退特番」

http://www.youtube.com/watch?v=xMvCYQeypb4


結構、感動のドキュメンタリー。引退したからこそ言えるヒデが本音をズバズバ言ってます(笑)+感動あり。21歳で単身イタリアへ行き、その数年後には日本の中田から世界のNakataへとなり、、、今の自分と同じくらいの歳の頃には、もう移籍金何億という選手になっているヒデのサクセスストーリーを見ると、少しだけ悲しくなってきます‥(苦笑)



ちなみに、YouTubeはサーバーの回線コストだけで月間100万ドル(約1億2000万円)かかってるみたいです。

YouTube『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/YouTube


Fashion Ranking
 
最新の記事
YOOX.COM(ユークス)
YOOX.COM(ユークス)
ファッション関連の本

アンダーカバー

featured by W.W.

MADSAKI/JUN TAKAHASHI

INTERMISSION

ヴィヴィアン・ウエストウッド

Vivienne Westwood

A London Fashion

Design Monograph

ヴィクター&ロルフ

Viktor & Rolf

Haut Couture Book

エイプ

2007 SPRING/SUMMER

2007 AUTUMN/WINTER

エディ・スリマン

Stage (Editions 7L)

Intermission 1

Courtney Love

London Birth of a Cult

Berlin Hedi Slimane: 7L

ココ・シャネル

シャネル 人生を語る

シャネルの真実

コズミックワンダー

The dress attachable a wall

コムデギャルソン

スタディ オブ コムデギャルソン

川久保玲とコムデギャルソン

シアター・プロダクツ

シアタープロダクツのメソッド

ジィーディーシー

GDC vol.3

GDC vol.4

GDC Complete book

Kj × GDC

シュプリーム

Supreme BOOK VOL 3.

2006 AUTUMN & WINTER

ジョルジオ・アルマーニ

Giorgio Armani

Giorgio Armani Mens Wear

Faces Of Sport

ソフ

SOPH.MAGAZINE

SOPH.SOCCER GRAPHIC

トム・フォード

Tom Ford

Visionaire 24 Light Tom Ford

ドルチェ&ガッバーナ

10 Years of Dolce & Gabbana

20 Years of Dolce & Gabbana

Dolce & Gabbana (Memoirs)

ナンバーナイン

NUMBER(N)INE

ネイバーフッド

NEIGHBORHOOD MAG vol.1

NEIGHBORHOOD MAG vol.2

バレンシアガ

Balenciaga Paris

Balenciaga (Fashion Memoir)

M´EMOIRE DE LA MODE

フセイン・チャラヤン

Hussein Chalayan

C Magazine

ブレス

10 Years of Themelessness

マルタン・マルジェラ

LA Maison Martin Margiela

2000-1

Street

ラフ・シモンズ

Raf Simons Redux

The Fourth Sex

ヨージヤマモト

M´EMOIRE DE LA MODE

A Magazine

Yohji Yamamoto (Memoirs)

福田春美(WR)

ファッションディレクターの言葉と心と夢

このブログのランキングは?

     

     

にほんブログ村 ファッションブログへ

     

にほんブログ村 ファッションブログ トレンド情報(ファッション)へ

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
バロメーター
ページランク