CALENDAR
10月 « 2007年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ファッション誌 A to Z
ブログ内検索
写真集
アート・デザイン誌
音楽誌
シネマ・映画誌
映画
コレクション映像
デザイナー名鑑
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
687位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
このブログの順位は?
カウンター
世界中の有名無名問わずファッションを中心に音楽、映画、写真、アートなどなど気になるものをとにかく紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 Adobe Design Achievement Awards

89cc18d9746b6fb829b0fe590b9b62ef.jpg

Adobe Design Achievement Awardsは、世界中の大学生や専門学校生がオリジナルの作品で創造性を競い合うコンテストです。12部門にわたり総額60,000ドル以上の賞金がニューヨーク市で授与されます。クリエイターやWeb開発者を目指す学生の皆さんの輝かしいキャリアの第一歩として、本コンテストをぜひご活用下さい。http://www.adobe.com/jp/education/adaa/

応募期間 :
2008年5月2日 午後5時米国太平洋時間より前に、アドビでの受理が完了

応募・参加 :
資格 応募するには、米国、カナダ、メキシコ、英国、アイルランド、スイス、フランス、ドイツ、オーストリア、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランド、オランダ、ベルギー、イタリア、南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、日本、韓国、シンガポール、台湾、香港、中華人民共和国、クロアチア、チェコ共和国、ハンガリー、インド、ポルトガル、スペインまたはトルコの正式に認可された高等教育機関に在籍する18歳以上の学生である必要があります。

賞 : 最優秀賞受賞(1名)現金3,000米ドル、表彰状、および3D表彰盾ほか

募集内容 :
インタラクティブメディア・セグメントにおいて応募が可能なものとしては下記のカテゴリーがあります。

A. ブラウザベースのデザイン
B. 非ブラウザベースのデザイン
C. デザイナー/デベロッパーのコラボレーション
D. インストレーションデザイン
E. モバイルデザイン
A. アニメーション
→詳細はこちら

提出方法 :
(1)作品を出品するには、デジタル版を作成し、2008年5月2日午後5時 (米国太平洋時間) までにコンテストのWebサイトにアップロードする必要があります。
(2)提出された応募作品はオンライン上での一次審査を経て最終選考に進みます。
(3)応募作品が最終選考に残った場合、5月23日必着でコンテスト本部に印刷形式あるいは高解像度のデジタル形式で作品をお送りいただくよう、電子メールが届きます。

主催 : Adobe

審査員 :
エミリー・チャン(デザイナー兼共同創設者)
ジョシュア・デイビス(アーティスト、デザイナー兼テクノロジスト)
デイビッド・ゲンスラー(社長)
エリック・ジョン(マーケティング・ディレクター)
エイドリアン・ジョンソン(イラストレーター)
マイケル・レボウィッツ(共同創設者兼CEO)
レベッカ・メンデス(デザイナー/アーティスト/教授)
ティナ・ロス・アイゼンバーグ(プリンシパル + デザイナー + Swissmiss)
ジョアン・ラスポ(独立映画制作者、デザイナー兼教育者)
スタン・シマンスキー(デジタル制作上級副社長)

授賞式 : 2008年8月7日にニューヨーク市


スポンサーサイト

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

“07 JAPAN EXPO” Pre Party@L.A. 権八

la_gonpachi_banner.jpg

"07 JAPAN EXPO" PRE-PARTY

日時 : 11月30日(金)

場所 : L.A. 権八

出演者:
Fantastic Plastic Machine(Tomoyuki Tanaka)
Atsushi(Dragon Ash)
Jyusaburo Tsujimura and more!

ticket info: $80 http://www.groovetickets.com (Keyword:Japan Expo)

INFO: CRASH agent E-mail:Shin@crashentertainmentle.com / Gonpachi add:134 N. La Cienega Blvd. Beverly Hills, CA 90211 Tel:+1-310-659-8887


テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

Kuniyuki Takahashi 2nd album "all these things" release tour@club sound-channel

25564438_180.jpg

TIGER WEST
Kuniyuki Takahashi 2nd album "all these things" release tour

日時 : 12/1(SAT) OPEN 22:00

場所 : CLUB SOUND-CHANNEL

料金 : DOOR 2,500YEN/1D WITH FLYER 2,000YEN/1D MAIL 2,000YEN/1D

LIVE :
KUNIYUKI TAKAHASHI (mule music / from SAPPORO)

DJs:
TIGER WEST (dol-lop+REV)
AKIHIRO (NIAGARA)
SUGIO (DEPTH)

LOUNGE DJs:
HANDA (JACK)
Mr.Slim (ROCK.AI)
(A)
麻姫(antenna/KRAUSS)

VE:
mind-bending

FOOD:
ATETICA

Flyer by REN

Kuniyuki Takahashi "All These Things"
2006年春にリリースされたファーストアルバム「we are together」にて、
リリース後、20カ所以上のライブを全国で披露し、多くのミュージックラバーの心を感動させ、体に浸透させた札幌の熱き男"Kuniyuki Takahashi"。また、joe claussellがレジデントを務めるパーティーにおいてリリースパーティーが行われ、ニューヨークにおいても高く評価された。
約2年振りとなるセカンドアルバムへは、彼の音楽を愛する、
henrikschwarz(k7/sundaymusic)、ian obrien、alex from tokyo(innervision)、josee(hefnerの1stアルバム「residue」に参加していたヴォーカリスト)、坂口修一朗 (double famous)等が参加し、kuniyukiのディープな世界観に華を添えている。
これまで、ディープハウスアーティストとして括られることの多かった彼だが、今作においては、彼の音楽的ルーツが色濃く反映された、ECMを連想させる幻想的なジャズ、スパニッシュギターの音色が静かに高揚を誘うフラメンコジャズ、fela kutiに代表されるファンキーなアフロトラック、エレピの音が心地よいジャズフュージョン、joseeが歌う美しいソウルトラック、そして henrikschwarzが参加した、オーガニックでありながら、彼の新境地と言えるミニマルなハウストラック等、彼の全ての側面を1枚のアルバムに凝縮した、例えるなら、"expassion"の様なファンキーなトラックから、"quiet moments"の様な美しいフュージョンまでを生み出した、lonnie liston smithの様なアルバムだと言っても過言では無いだろう。
札幌という離れた土地で、真摯に音楽と向き合い、生活している彼が生み出すものは、熱く、美しく、人の感情を大きく揺さぶる、とても特別な音楽である。
http://www.kuniyukitakahashi.com


ニューアルバム「All These Things

内容紹介
フランソワ・ケヴォーキアンやジョー・クラウゼル、ジェフ・ミルズを始め世界中のDJ/クリエーターが絶賛する真にワールドワイドな注目を集める日本/北海道至高のクリエーター、kuniyuki Takahashi待望のセカ ンドアルバム「ALL THESE THINGS」がリリース !! ゲストアーティスト henrik schwarz(k7/moodmusic)、 ian obrien(peacefrog) alex from tokyo(innervision) josee 坂口修一朗(double famous)...etc

アーティストについて
札幌を拠点に活動するKuniyukiこと高橋クニユキ。 彼の音楽は、国境を問わず常に独特の世界観を持ち、世界各国のプロデューサー、DJから高い評価を得ている。Joe Claussell主宰[Spiritual Life]傘下の[Natural Resource]から自身のホームタウンであり、札幌の名クラブをトリビュートした曲「Precious Hall」をリリース、Dego aka 4 Heroの2000BLACKのコンピ参加、Ananda Projectの名曲「Cascade of Colour」のリミックス・リリースなどジャンルレスな音楽形態を持ちながら、日々新しい音楽の形をクリエイトしている。[Mule Musiq]よりKuniyuki名義でのニューシングル「Earth Beats」をリリースし、FrancoisK.、Larry Heard、Ian O'brien、Joe Claussell等、数多くのビッグネームDJからプレイされ、圧倒的な支持を得た。2006年には今までの集大成とも言える待望の1stアルバム「We Are Together」をリリースし、全国ツアー、そしてジョー・クラウゼルのパーティーにてNYでのライブを実現し、ライブ・パフォーマンスとしては常に真の音楽を見つめたディープなライブも繰り広げる。 今回リリースされるセカンドアルバムはファーストアルバムリリース後に行った無数のライヴや国内外DJ/クリエーターとの幅広い交友から生み出された作品である。アルバム収録作品の中でも注目を集めるであろう美しいギターの音色が印象的なスピリチュアル・ディープハウスチューン「Guitar Song」やドイツ!K7の新世代ディープハウスアーティストのブライテストホープ、ヘンリク・シュワルツとのセッションで生まれた「The Session」を始めイアン・オブライアン(PEACEFROG)やアレックス・フロム・トウキョウ(INNERVISIONS)、ダブルフェイマスの坂口修一朗等の参加も話題を集めるだろう。圧倒的なクオリティーとアップデートされながらもタイムレスなクラシック然としたこの作品はまるで21世紀のソウルIIソウル「KEEP ON MOVIN'」とでも形容したくなる普遍的な魅力に溢れている。今回ヴォーカルチューンの比重も増し作品の幅を広げたニューアルバムの作品は10月東京YELLOWで行われたフランソワ・ケヴォーキアン主宰の「DEEPSPACE」でのスペシャルゲストとして招かれたKUNIYUKI BANDで一部披露されダンスミュージックファンの話題を集めている。我々日本人が世界へ自信を持って発信出来る数少ない真のクラブミュージックがここにある。


DJ機材を見る。



テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

summit, Milton Jackson 来日!!@Troopcafe

25564668_190.jpg

『Bush presents Summit #02』

日時 : 12月1日(土曜日) 22:00- 

料金 : With Flyer: 2,500yen[1drink] / DOOR:3,000yen[1drink]

場所 : TROOPCAFE,KOBE

GENRE:TECH HOUSE・MINIMAL

■GUEST DJs:
MILTON JACKSON
SATOSHI OTSUKI(光響 from TOKYO) 

■DJs:
TELLY(Bush)
MASAKI(katakamuna)
DOIIKE(Bush)

■LIGHT FLOOR DJs:
u-king
KIUCHI
TAKEUCHI
KENJI
NANRI

■VJ:
breakmidi


■MILTON JACKSON
英国のGlasgowを拠点に活躍するMilton Jackson。幼少からクラシックギターを学び、18歳の誕生日に両親からMPC2000を与えられた彼が、エレクトロニックミュージックにおいて才能を開花させるまでそう時間はかからなかった。19歳にしてリリースを果たした1st EPはRoger Sanchezに絶賛され、Deep Tech Houseというべきそのスタイルを早くも確率。翌年には自身のレーベルBear Traxを設立し、更にはGlasgow Undergroundからアルバムをリリースするなど、瞬く間にシーンに名を轟かせた。その後、ダウンテンポなサウンドに傾倒した彼は、短い休止期間を経て、2006年にミュージックに帰還し、シーンを賑わしつつあったFreerangeやUrbantorqueといった次世代のハウスレーベルから続々とリリース。SashaやJohn Digweed、Carl Cox、Ben Wattを始めとする重鎮にヘビープレーされる など、シーンをクロスオーバーしてヒットし、大きな話題となった。また、自身のサウンドを「テクノロジーの荒々しい層と、花のように美しい深層との衝突」と表現する彼のDJはプロダクション同様に個性的である。暖かみのあるハウスサウンドと、無機質な固いグルーヴを融和させたエクレクティックなスタイルで、淡々としながらも時にダイナミックに自らの世界へとオーディエンスを誘っていく。UKのアンダーグラウンドなシーンの最先端を行く彼の動向からは今後も目が離せない。


DJ機材を見る。



テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

The British Fashion Awards 2007

StellaMcCartney28Nov2007.jpg

現地時間11月27日にウエストミンスターのローレンス・ホールで今年度のブリティッシュ・ファッション・アワード(The British Fashion Awards 2007)の受賞セレモニーが行われ、今年の受賞者が発表されました。

気になる、今年度のデザイナー賞に選ばれたのは「ステラ・マッカトニー」

そして、新人賞には今年度の活躍が目覚ましい、「クリストファー・ケイン」でした。特に今年度、数々の賞を受賞しているだけあって来年あたりから日本で一気に火がつきそうな予感‥

とにかく、今後要注目なデザイナーのひとりであるかとは間違いありません!


以下、今年の受賞者

Designer of the Year : Stella McCartney

New Designer of the Year : Christopher Kane

Best New Retail Concept of the Year : Marc Jacobs

Model of the Year : Agyness Deyn

Isabella Blow Award for Fashion Creator of the Year : Michael Howells

Red Carpet Designer of the Year : Marchesa

Menswear Designer of the Year : Christopher Bailey for Burberry

Accessory Designer of the Year : Tom Binns

www.britishfashionawards.co.uk


Fashion Ranking



テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

 
最新の記事
YOOX.COM(ユークス)
YOOX.COM(ユークス)
ファッション関連の本

アンダーカバー

featured by W.W.

MADSAKI/JUN TAKAHASHI

INTERMISSION

ヴィヴィアン・ウエストウッド

Vivienne Westwood

A London Fashion

Design Monograph

ヴィクター&ロルフ

Viktor & Rolf

Haut Couture Book

エイプ

2007 SPRING/SUMMER

2007 AUTUMN/WINTER

エディ・スリマン

Stage (Editions 7L)

Intermission 1

Courtney Love

London Birth of a Cult

Berlin Hedi Slimane: 7L

ココ・シャネル

シャネル 人生を語る

シャネルの真実

コズミックワンダー

The dress attachable a wall

コムデギャルソン

スタディ オブ コムデギャルソン

川久保玲とコムデギャルソン

シアター・プロダクツ

シアタープロダクツのメソッド

ジィーディーシー

GDC vol.3

GDC vol.4

GDC Complete book

Kj × GDC

シュプリーム

Supreme BOOK VOL 3.

2006 AUTUMN & WINTER

ジョルジオ・アルマーニ

Giorgio Armani

Giorgio Armani Mens Wear

Faces Of Sport

ソフ

SOPH.MAGAZINE

SOPH.SOCCER GRAPHIC

トム・フォード

Tom Ford

Visionaire 24 Light Tom Ford

ドルチェ&ガッバーナ

10 Years of Dolce & Gabbana

20 Years of Dolce & Gabbana

Dolce & Gabbana (Memoirs)

ナンバーナイン

NUMBER(N)INE

ネイバーフッド

NEIGHBORHOOD MAG vol.1

NEIGHBORHOOD MAG vol.2

バレンシアガ

Balenciaga Paris

Balenciaga (Fashion Memoir)

M´EMOIRE DE LA MODE

フセイン・チャラヤン

Hussein Chalayan

C Magazine

ブレス

10 Years of Themelessness

マルタン・マルジェラ

LA Maison Martin Margiela

2000-1

Street

ラフ・シモンズ

Raf Simons Redux

The Fourth Sex

ヨージヤマモト

M´EMOIRE DE LA MODE

A Magazine

Yohji Yamamoto (Memoirs)

福田春美(WR)

ファッションディレクターの言葉と心と夢

このブログのランキングは?

     

     

にほんブログ村 ファッションブログへ

     

にほんブログ村 ファッションブログ トレンド情報(ファッション)へ

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
バロメーター
ページランク