CALENDAR
04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ファッション誌 A to Z
ブログ内検索
写真集
アート・デザイン誌
音楽誌
シネマ・映画誌
映画
コレクション映像
デザイナー名鑑
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
841位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
このブログの順位は?
カウンター
世界中の有名無名問わずファッションを中心に音楽、映画、写真、アートなどなど気になるものをとにかく紹介。
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏ファッション界の巨匠イヴ・サンローラン氏、死去

saint_laurent_20080602201121.jpg

【6月2日 AFP】
20世紀の仏ファッション界の巨匠イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)氏が1日の午後11時10分、パリ(Paris)市内で死亡した。71歳だった。Pierre-Berge-Saint Laurent Foundation(ピエール・ベルジェ・イヴ・サンローラン財団財団)が同日、明らかにした。

 クリスチャン・ディオール(Christian Dior)、ココ・シャネル(Coco Chanel)、ポール・ポワレ(Paul Poiret)らとともに、20世紀のファッション界をリードした。トップデザイナーとして40年にわたり活躍していたが、2002年に引退したあとは長年、闘病生活を送っていた。

 サンローラン氏は1936年8月1日、当時仏領だったアルジェリアの沿岸都市オラン(Oran)で誕生した。孤独で内気だったサンローラン少年はやがて服飾デザインに目覚める。1953年、17歳のとき、スケッチブックにしたためたデザインを携えてパリに上京。これがヴォーグ(Vogue)誌の編集者だったミッシェル・デブリュノフ(Michel de Brunoff)の目に留まり、発表された。

 翌年、パリで行われた4つのデザインコンテストのうち、サンローラン氏が3つで優勝。残る1つは、現在シャネル(Chanel)のデザイナーを務めているカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)が優勝した。

 若き青年の才能を見出したデブリュノフ氏は、ディオール氏にサンローラン氏を紹介する。ディオール氏の後継者として瞬く間に頭角を現したサンローラン氏は3年後、ディオールが死亡した際、同ブランドを引き継いだ。

 サンローラン氏はディオール氏について次のように語っている。「私はディオールに魅了された。彼の前では話すことができなかった。彼は私のアートの基礎を教えてくれた。これから何が起ころうと、彼とともに過ごした日々は忘れない」

 しかし1960年、同年代の多くのフランス人とともに、アルジェリアの独立戦争のために徴兵された。3週間も経たないうちに、健康面から従軍を免れるが、ディオールの後継者にはマルク・ボアン(Marc Bohan)が選ばれた。

 サンローラン氏はこのとき、当時ディオールで働き、後のビジネスパートナーとなるピエール・ベルジェ(Pierre Berge)氏とともに独立した。

 サンローラン氏はしかるべき時に、しかるべき場所にいた。1960年代初頭、変化しつつある世界が新しい個性を求めていたときに自分のブランドを立ち上げたのだ。女性が突然、経済的な自由を享受し始めた当時、好景気に支えられた若者向けの市場や、ポップカルチャーの隆盛を機に波に乗ったのだ。

 サンローラン氏の名前と「YSL」のロゴは、すべての最新トレンドと同意語になった。プレタポルテと香水のレーベル「イヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュ(Yves Saint Laurent Rive Gauche)」が誕生し、装飾品や香水も次々とライセンス契約が結ばれた。

 1960-70年代は、日本に続き、韓国や台湾の市場にも参入。世界のファッション界をリードした。仏女優カトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)はサンローラン氏のファンのひとりで、同ブランドのショーには必ず出演していた。

 しかしサンローラン氏のキャリアが常に順風満帆だったわけではない。1971年、第二次世界大戦中のパリのスタイルをモデルにしたコレクションは米国から非難を浴び、1970年代に「Opium(アヘン)」という香水を発表したときには、薬物使用を容認しているという批判を受けた。

 クリスチャン・ラクロワ(Christian Lacroix)氏は、サンローラン氏の成功の理由は、同氏の同年代の多くのデザイナーたちが持ち合わせていなかったその驚くべき多才ぶりだと語る。
 
「シャネル、スキャパレリ、バレンシアガ、ディオールも素晴らしいデザイナーだった。しかし、彼らはある特定のスタイルの中で仕事をしてきた。イヴ・サンローランはそのスタイルすべてを組み合わせたような多才な人物だ。シャネルの型とディオールの豪華さとスキャパレリの機知を組み合わせたようだと思うときがある」

 後年には、常に患っていた精神不安定の症状がひどくなり、2002年に行われた引退セレモニーでは睡眠薬や精神安定剤を使用してきたことを認めていた。(c)AFP

text : MODE PRESS



Yves Saint Laurent“The beginning of a Legend”1936~2000Yves Saint Laurent“The beginning of a Legend”1936~2000
(2000/08)
川島 ルミ子

商品詳細を見る



ファッションデザイナーなどクリエイティブな業界を目指すなら

【バンタンデザイン研究所キャリアスクール】





スポンサーサイト

テーマ:ファッション - ジャンル:ファッション・ブランド

コメント
コメントする

管理者にだけ表示を許可する
最新の記事
YOOX.COM(ユークス)
YOOX.COM(ユークス)
ファッション関連の本

アンダーカバー

featured by W.W.

MADSAKI/JUN TAKAHASHI

INTERMISSION

ヴィヴィアン・ウエストウッド

Vivienne Westwood

A London Fashion

Design Monograph

ヴィクター&ロルフ

Viktor & Rolf

Haut Couture Book

エイプ

2007 SPRING/SUMMER

2007 AUTUMN/WINTER

エディ・スリマン

Stage (Editions 7L)

Intermission 1

Courtney Love

London Birth of a Cult

Berlin Hedi Slimane: 7L

ココ・シャネル

シャネル 人生を語る

シャネルの真実

コズミックワンダー

The dress attachable a wall

コムデギャルソン

スタディ オブ コムデギャルソン

川久保玲とコムデギャルソン

シアター・プロダクツ

シアタープロダクツのメソッド

ジィーディーシー

GDC vol.3

GDC vol.4

GDC Complete book

Kj × GDC

シュプリーム

Supreme BOOK VOL 3.

2006 AUTUMN & WINTER

ジョルジオ・アルマーニ

Giorgio Armani

Giorgio Armani Mens Wear

Faces Of Sport

ソフ

SOPH.MAGAZINE

SOPH.SOCCER GRAPHIC

トム・フォード

Tom Ford

Visionaire 24 Light Tom Ford

ドルチェ&ガッバーナ

10 Years of Dolce & Gabbana

20 Years of Dolce & Gabbana

Dolce & Gabbana (Memoirs)

ナンバーナイン

NUMBER(N)INE

ネイバーフッド

NEIGHBORHOOD MAG vol.1

NEIGHBORHOOD MAG vol.2

バレンシアガ

Balenciaga Paris

Balenciaga (Fashion Memoir)

M´EMOIRE DE LA MODE

フセイン・チャラヤン

Hussein Chalayan

C Magazine

ブレス

10 Years of Themelessness

マルタン・マルジェラ

LA Maison Martin Margiela

2000-1

Street

ラフ・シモンズ

Raf Simons Redux

The Fourth Sex

ヨージヤマモト

M´EMOIRE DE LA MODE

A Magazine

Yohji Yamamoto (Memoirs)

福田春美(WR)

ファッションディレクターの言葉と心と夢

このブログのランキングは?

     

     

にほんブログ村 ファッションブログへ

     

にほんブログ村 ファッションブログ トレンド情報(ファッション)へ

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
バロメーター
ページランク