CALENDAR
04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ファッション誌 A to Z
ブログ内検索
写真集
アート・デザイン誌
音楽誌
シネマ・映画誌
映画
コレクション映像
デザイナー名鑑
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
589位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
このブログの順位は?
カウンター
世界中の有名無名問わずファッションを中心に音楽、映画、写真、アートなどなど気になるものをとにかく紹介。
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファッション評論家 平川武治が亡きイヴ・サンローランを語る。

hirakawa.jpg

非常に興味深い内容です。

Le Pli / 自灯明塔 】より

『 イヴサンローランが亡くなられた。
ついに、イヴサンローランも亡くなった。


 ご冥福をお祈りいたします。

永い間、ご苦労様でした。
巴里の“エレガンス”を
僕のようなものに
教えてくださったのはあなたでした。
ありがとうございました。

燦然と、
その輝きが一等星の如きの輝きも遂には朽ちてしまった。

 残されたものの使命の一つは
自らの醜さを曝け出すこと。 』


彼も、早熟であった。

その美しすぎる早熟さで
このモードの世界を駆け抜けた。
逃げ足の速かった彼も
駆け抜けようとしたが、
後年
彼の美しい、しなやかなかでか細いその足は
もたついた。
其の時は、
もう、既に彼が駆け抜けてきたグランドの土ではなくなっていた。


 僕はどうしてもK.Lを好きになれない。
好みの問題だけではないらしかった。
いつも、イブサンローランと比べていたからであった。
 ベルナール・ビュッフェに失恋をしたP.ベルジェが
どうして
こんな繊細で美形の若者をすぐに捜し得たのだろうか?
ある本を読んだ。

J.コクトーが
当時、逗留していた南仏の銀行家の別荘に
それまでは、
ベルナール・ビュッフェを伴って訪れていた彼、P.ベルジェが
新しい彼、『若く美しすぎる青年』を伴って来たと言う。

僕はP.ベルジェの審美眼を信じる。
そして、僕はどうしてもK.Lを好きになれない。
ただ、あまりにも、違いすぎる。

 第2次世界戦争が終わってほっとした
50年代も半ば、
この美しすぎる才能を秘め込んだ青年は
都に現れた。
『美』と『自由』を『才能』で突き刺す
早熟性を持ち備えて
三人の、出会うべき男に出会った。
Michel de Brunoff, Christian Diorその後、Pierre Berge。


 ‘68MAY。
この街にも
革新な、大きな波のうねりが起こった。
40年前の、その出来事が
今のパリの、フランスの新しさの全てへ通じている。
決して、政治的なる事象だけではなかった
男と女の関係性も、
女性の生き方、社会とのかかわり方も、
生活様式も、モラルも
そして、モードの世界も。
「Yves Saint-Laurent Rive Gauche」は
この兆しを読み取った2年前に
左岸で誕生。
’68MAYのうねりに捻じ込まれ
カルチュアームーブメントへ、
この街のモードの世界が
囲われた階級者たちから解放され
新たに、『プレタポルテ』が生まれる。
「Yves Saint-Laurent Rive Gauche」は
この新たな時代性を切り開らく。

今、多くのこの街の書店には
『‘68MAY』の本が並ぶ。
N.サルコジも元闘士だった
40年前を省みる時間の年。

そんな時に
彼は去った。
もう、戻って来ない


逃げ足速く、走り抜けるはずだった
早熟な、美意識豊かな少年は
何処かで、
自分が奔り抜くべき道が違ってしまったことに勘付き
居心地の悪さを知ってしまった。


ゆっくり、
おやすみください。
おもうぞんぶんにおねむりください。
そうじゅくであったころを
ゆっくり
ねむるじかんもなかった
あのときの
たいようのかがやきをおもいだして
ゆっくりと
おねむりください。


このまちは
ぼくに『エレガンス』をおしえてくれた。
あなたは
そのかおりを
かぐわせてくださったおかたでした。

ご冥福を深く、かさねがさね。

『 Going on means going far. Going far means returning. 』

平川武治:2008年06月02日夜更けに:

  


追伸;
終わった。
確実に、
一つの時代が終わった。
そして、
確実に時代は変わった。

あの時、彼がこの街に現れなかったら
この街のモードの世界も
閉塞感のみが蔓延した遅れた世界。

プレタポルテも誕生が遅れただろう。

はやく、
新たな価値観を
このモードの世界の新たなる価値観を見つけなければ、

どこかに、
早熟で
美しく、
逃げ足の速い
時代のアイコンに
辿れ着くことまでが出来る
赤子が生まれたに違いない。

星が流れる。

武治著/
スポンサーサイト
コメント
コメントする

管理者にだけ表示を許可する
最新の記事
YOOX.COM(ユークス)
YOOX.COM(ユークス)
ファッション関連の本

アンダーカバー

featured by W.W.

MADSAKI/JUN TAKAHASHI

INTERMISSION

ヴィヴィアン・ウエストウッド

Vivienne Westwood

A London Fashion

Design Monograph

ヴィクター&ロルフ

Viktor & Rolf

Haut Couture Book

エイプ

2007 SPRING/SUMMER

2007 AUTUMN/WINTER

エディ・スリマン

Stage (Editions 7L)

Intermission 1

Courtney Love

London Birth of a Cult

Berlin Hedi Slimane: 7L

ココ・シャネル

シャネル 人生を語る

シャネルの真実

コズミックワンダー

The dress attachable a wall

コムデギャルソン

スタディ オブ コムデギャルソン

川久保玲とコムデギャルソン

シアター・プロダクツ

シアタープロダクツのメソッド

ジィーディーシー

GDC vol.3

GDC vol.4

GDC Complete book

Kj × GDC

シュプリーム

Supreme BOOK VOL 3.

2006 AUTUMN & WINTER

ジョルジオ・アルマーニ

Giorgio Armani

Giorgio Armani Mens Wear

Faces Of Sport

ソフ

SOPH.MAGAZINE

SOPH.SOCCER GRAPHIC

トム・フォード

Tom Ford

Visionaire 24 Light Tom Ford

ドルチェ&ガッバーナ

10 Years of Dolce & Gabbana

20 Years of Dolce & Gabbana

Dolce & Gabbana (Memoirs)

ナンバーナイン

NUMBER(N)INE

ネイバーフッド

NEIGHBORHOOD MAG vol.1

NEIGHBORHOOD MAG vol.2

バレンシアガ

Balenciaga Paris

Balenciaga (Fashion Memoir)

M´EMOIRE DE LA MODE

フセイン・チャラヤン

Hussein Chalayan

C Magazine

ブレス

10 Years of Themelessness

マルタン・マルジェラ

LA Maison Martin Margiela

2000-1

Street

ラフ・シモンズ

Raf Simons Redux

The Fourth Sex

ヨージヤマモト

M´EMOIRE DE LA MODE

A Magazine

Yohji Yamamoto (Memoirs)

福田春美(WR)

ファッションディレクターの言葉と心と夢

このブログのランキングは?

     

     

にほんブログ村 ファッションブログへ

     

にほんブログ村 ファッションブログ トレンド情報(ファッション)へ

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
バロメーター
ページランク