CALENDAR
07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ファッション誌 A to Z
ブログ内検索
写真集
アート・デザイン誌
音楽誌
シネマ・映画誌
映画
コレクション映像
デザイナー名鑑
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
753位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
このブログの順位は?
カウンター
世界中の有名無名問わずファッションを中心に音楽、映画、写真、アートなどなど気になるものをとにかく紹介。
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NAMURA ART MEETING ’04-’34 名村造船所跡地30年の実験 vol.02「起程 I 」

cover_vol02.jpg

NAMURA ART MEETING ’04-’34
名村造船所跡地30年の実験
vol.02「起程 I 」
2007年9月1日(土)~ 9月2日(日)

21世紀に入り、〈わたしたち〉は、臨界ともいうべき状況を迎えています。
20世紀からつづく加速度的な進化・進歩は、当然のことながら来たるべき時代を予兆させてくれました。しかし一方で、わたしたちは、これまでの価値観の上に未来を待つのではなく、新たな価値の創造とともにある意志的な未来を望んでいます。

そうした時代において、NAMURA ART MEETING '04-'34は、2004年から2034年までの30年間を芸術のひと連なりの現場ととらえ、芸術活動と隣り合う社会や個人が、〈出来事〉を共有しつつ未来を創造しようと始まったプロジェクトです。
本拠は、重工業の盛衰と近代経済の変遷を象徴する造船所跡地。産業遺産であるその風景は、わたしたちを既存の価値から開放し、むしろ未来を自由に思い描ける場所として映りました。
本プロジェクトは、産業遺産の潜在的可能性を前提に、先へ続く30年に向かいます。ここでは、人々が遭遇し、合流して生まれる知の連携によって、"物質的消滅のプロセス"と"意味の脱構築的再生"の実験を繰広げています。

vol.00「臨界の芸術論」たくさんの未来像を語り合い、 vol.01「臨界から臨海へ」 では、この地を対岸から眺めながら更なる議論と検証を試みました。
このたびのvol.02「起程 I」では、知の集積である<海図>を手に、未知なる航海へと様々な思考と試行のプロセスを分有します。
来る9月1日~ 9月2日は、都市における臨海の風景を舞台にしたケーススタディーとして、4組のアーティストとその作品の試行過程(展示実験、試作、プレゼンテーションなど)を公開します。参加アーティストは、重工業に代わり近年の日本を支えてきたテクノロジーの進化とともにあるメディアアートを基点にしつつ、身体知を熟慮するパフォーマンスアートをも包括した、実験的な表現を提示しています。
また、20世紀後半より芸術史を大きく転換させたそれらの表現を中心に、知性や感性をとりまく、さまざまな制度との関わりや言説を探る対話の場に加え、クラブスタイルのパーティや特設カフェやクルージングなどを展開し、新たな知の連携を試みます。

本プロジェクトによる出来事や情報の創出は、さらに有機的に繋がり、新たな未来というものが決して想像に終わらないことを証明し始めました。
茫漠と広がった2034年までの〈これから〉が、未来を構築しようとするすべての個人にとって有為な手がかりとなることを願います。
つまり、〈わたしたち〉とはいったい何者なのかと問い続けるために。

■参加アーティスト

 ダムタイプ [Voyages](インスタレーション)  ⇒ WEB SITE
 WDOP [Weightless Days](パフォーマンス)  ⇒ WEB SITE
 グラインダーマン [MUSTANG](パフォーマンス)  ⇒ WEB SITE
 ログズギャラリー [ガソリンミュージック&クルージング](デモンストレーション)  ⇒ WEB SITE



■開催概要

■日時:2007年9月1日(土)~9月2日(日)

■会場:名村造船所跡地(大阪市住之江区北加賀屋4-1-55)

■アクセス:地下鉄四つ橋線「北加賀屋」駅下車
       4番出口より徒歩10分
       車は阪神高速堺線玉出ランプより5分
       駐車場有(3時間500円)

■料金:会場入場料 1,500円
     WDOP(ダンス) 2,000円*
     高橋悠治×浅田彰(トーク+ピアノ演奏) 2,000円*
     NAMURANITE(クラブイベント) 2,000円**
     クルージング 1,500円*
     フリーパス(限定20) 5,000円*
     ※会場入場料のほかに各イベント料金が必要です。
     ※会場入場料で展示作品はご覧頂けます。
     ※フリーパスは、全てのイベントにご参加頂けます。
     ※ *印は、要予約。定員になり次第締め切り。
     ※**NAMURANITEは、22時以降は2,000円でご入場いただけます。

text NAMURA ART MEETING


スポンサーサイト

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
コメントする

管理者にだけ表示を許可する
最新の記事
YOOX.COM(ユークス)
YOOX.COM(ユークス)
ファッション関連の本

アンダーカバー

featured by W.W.

MADSAKI/JUN TAKAHASHI

INTERMISSION

ヴィヴィアン・ウエストウッド

Vivienne Westwood

A London Fashion

Design Monograph

ヴィクター&ロルフ

Viktor & Rolf

Haut Couture Book

エイプ

2007 SPRING/SUMMER

2007 AUTUMN/WINTER

エディ・スリマン

Stage (Editions 7L)

Intermission 1

Courtney Love

London Birth of a Cult

Berlin Hedi Slimane: 7L

ココ・シャネル

シャネル 人生を語る

シャネルの真実

コズミックワンダー

The dress attachable a wall

コムデギャルソン

スタディ オブ コムデギャルソン

川久保玲とコムデギャルソン

シアター・プロダクツ

シアタープロダクツのメソッド

ジィーディーシー

GDC vol.3

GDC vol.4

GDC Complete book

Kj × GDC

シュプリーム

Supreme BOOK VOL 3.

2006 AUTUMN & WINTER

ジョルジオ・アルマーニ

Giorgio Armani

Giorgio Armani Mens Wear

Faces Of Sport

ソフ

SOPH.MAGAZINE

SOPH.SOCCER GRAPHIC

トム・フォード

Tom Ford

Visionaire 24 Light Tom Ford

ドルチェ&ガッバーナ

10 Years of Dolce & Gabbana

20 Years of Dolce & Gabbana

Dolce & Gabbana (Memoirs)

ナンバーナイン

NUMBER(N)INE

ネイバーフッド

NEIGHBORHOOD MAG vol.1

NEIGHBORHOOD MAG vol.2

バレンシアガ

Balenciaga Paris

Balenciaga (Fashion Memoir)

M´EMOIRE DE LA MODE

フセイン・チャラヤン

Hussein Chalayan

C Magazine

ブレス

10 Years of Themelessness

マルタン・マルジェラ

LA Maison Martin Margiela

2000-1

Street

ラフ・シモンズ

Raf Simons Redux

The Fourth Sex

ヨージヤマモト

M´EMOIRE DE LA MODE

A Magazine

Yohji Yamamoto (Memoirs)

福田春美(WR)

ファッションディレクターの言葉と心と夢

このブログのランキングは?

     

     

にほんブログ村 ファッションブログへ

     

にほんブログ村 ファッションブログ トレンド情報(ファッション)へ

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
バロメーター
ページランク