CALENDAR
07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ファッション誌 A to Z
ブログ内検索
写真集
アート・デザイン誌
音楽誌
シネマ・映画誌
映画
コレクション映像
デザイナー名鑑
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
889位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
このブログの順位は?
カウンター
世界中の有名無名問わずファッションを中心に音楽、映画、写真、アートなどなど気になるものをとにかく紹介。
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2 Many Dj's 来日決定!!

2many-big01.jpg

今年も日本にやって来ます!!

今回は ‥

2008/03/18(Fri)@恵比寿ガーデンホールらしいです。

詳しくはWOMBWEB

2 MANY DJ'S (トゥー・メニー・ディージェイズ)
メンバー : David Dewaele, Stephen Dewaele
スタイル : エレクトロ
出身地 : ベルギー
関連プロジェクト : Soulwax
関連 レーベル : PIAS、Waxedsoul Recordings
オフィシャル・サイト : www.2manydjs.org

‘00年ごろにクラブ・シーンで一世を風靡したマッシュ・アップ / バスタード・ポップのパイオニア的な存在であり、今もなお世界中で絶大な人気を誇っているベルギー出身の David Dewaele と Stephen Dewaele からなる兄弟デュオ 2 Many DJ’s。テクノ、エレクトロ、ロック、ヒップ・ホップ、ソウル、ファンク、ポップスなど、ありとあらゆるジャンルの音楽を解体・再構築し、更にそれをミックスしていくという衝撃的なスタイルは、瞬く間に世界を制覇し、数え切れないほどのフォロワーを生んできた。しかし、ほとんどのフォロワーが瞬間的に消費されて終わっていくのに対し、彼らがこれほどまでの長きにわたって人気とクオリティを保ち続けているのは、地元ベルギーでは有名なラジオ DJ として知られている父 Zaki の膨大なレコード・コレクションに幼い頃から親しみ、幅広い音楽的な知識をじっくりと養ってきたからであろう。

2 Many DJ’s として活動を始めた正確な時期は不明だが、Dewaele 兄弟が中心メンバーとなっているロック・バンド Soulwax としては、’95年にベルギーはブリュッセルの名門レーベル PIAS よりシングル ‘Second Handsome Blues’、そしてファースト・アルバム “Leave The Story Untold” をリリースしてデビューを飾っている。そして、その3年後となる ’98年にはセカンド・アルバム “Much Against Everyone’s Advice” をリリースしており、その中に収録されていた ‘Too Many DJ’s’ は、彼らのユニット名の由来となった曲として今では有名である。

‘02年には、PIAS から 2 Many DJ’s 唯一の公式盤 “As Heard On Radiosoulwax Pt.2” を世に送り出す。Peaches や Felix Da Housecat などのエレクトロ・チューンから、Sly & The Family Stone のようなファンク・クラシックス、そして The Stooges や Velvet Underground などのロック・レジェンドまでを、フレーズごとに分解して再構築、そしてそれを更にミックスしていくという前例のないスタイルは、リスナーに新鮮な感動と驚きを与えると同時に、Muzik、DJ Magazine、Q Magazine、Mojo、The Face、Time Out、New York Times、Evening Standard などのメディアを中心に大絶賛を呼び、数多くの音楽誌で ‘02年のベスト・ミックス CD に選ばれたのであった。

ちなみに、この ”As Heard On Radiosoulwax” シリーズは現在 “Pt.11” までがプロモ盤を装ったブートレグとしてリリースされており、 レーベルは全て PIAS 傘下の Waxedsoul Recordings からとなっている。このミックス CD シリーズが公式盤としてリリースされていないのは、6ヶ月以上の歳月をかけて彼らが行ったという楽曲の使用許諾がレコード会社から降りなかったからであり、唯一使用した音源全ての許可が下りたのが、正式にリリースされた “Pt.2” のみだったのだという。また、”Pt.2” の公式盤のジャケット写真がほぼ全て塗り潰されているのは、’70年代のワイルド・パーティーでの1コマを撮ったオリジナル盤のジャケット写真の使用許諾がカメラマンから下りず、裁判も辞さない構えであったかららしい。

そんな波乱含みのリリース活動が逆にパンク的な精神として人気を呼ぶこととなった彼らは、DJ として ロンドンの Fabric や パリの Le Pulp といった名門クラブや、I Love Techno、Creamfields, Gobal Gathering などの大型フェスティバルにも次々と出演。また、日本にも ‘03、’04年の Electraglide で来日を果たしている。そして ’04年には、母体となるバンド Soulwax として6年ぶり3枚目となるアルバム “Any Minutes Now” をリリース。イギリスを代表するエレクトロ / エレクトロ・ハウス系レーベル Output のオーナーである Trevor Jackson がジャケット・デザインを手掛けたことでも話題を呼んだ同作は、これまでの純ロック的なサウンドから、ディスコ・パンク勢などからの影響も感じられるダンス・ビートを取り入れたものに変化を遂げており、2 Many DJ’s から彼らを知ったファンにとっても受け入れやすい作品に仕上がっている。翌 '05年には、骨太なバンド・アンサンブル主体の同作をクラブ向けにリアレンジした “Any Minutes Now” の派生的な作品 “Nite Versions” をリリース。DJ ミックスのように全ての曲がつなげられているこのアルバムは、元々母体であったはずの Soulwax が巨大化していく 2 Many DJ's に吸収されつつあることを示唆する作品であり、以降の彼らの活動の分岐点となるものとして象徴的である。

その後、”Nite Versions” を生ライブで再現していくツアー Radiosoulwax Nite Versions を、Erol Alkan、Who Made Who、Headman、Simian Mobile Disco など豪華ゲストを引き連れて敢行。このツアーはヨーロッパ中で大きな話題を呼び、彼らの人気の高さを改めて証明するものとなった。また、’06年には Fuji Rock Festival で来日し、その Nite Versions のライブと 2 Many DJ’s としての DJ を披露してくれることが決定。彼らの最新モードを日本の代表的なフェスティバルで体験することができるチャンスを、多くの日本のファンが心の底から待ち詫びている。

text : Yoshiharu Kobayashi ; HigherFrequency


As Heard on Radio Soulwax, Pt. 2 As Heard on Radio Soulwax, Pt. 2
2 Many DJ's (2006/02/14)
Wax
この商品の詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

コメント
コメントする

管理者にだけ表示を許可する
最新の記事
YOOX.COM(ユークス)
YOOX.COM(ユークス)
ファッション関連の本

アンダーカバー

featured by W.W.

MADSAKI/JUN TAKAHASHI

INTERMISSION

ヴィヴィアン・ウエストウッド

Vivienne Westwood

A London Fashion

Design Monograph

ヴィクター&ロルフ

Viktor & Rolf

Haut Couture Book

エイプ

2007 SPRING/SUMMER

2007 AUTUMN/WINTER

エディ・スリマン

Stage (Editions 7L)

Intermission 1

Courtney Love

London Birth of a Cult

Berlin Hedi Slimane: 7L

ココ・シャネル

シャネル 人生を語る

シャネルの真実

コズミックワンダー

The dress attachable a wall

コムデギャルソン

スタディ オブ コムデギャルソン

川久保玲とコムデギャルソン

シアター・プロダクツ

シアタープロダクツのメソッド

ジィーディーシー

GDC vol.3

GDC vol.4

GDC Complete book

Kj × GDC

シュプリーム

Supreme BOOK VOL 3.

2006 AUTUMN & WINTER

ジョルジオ・アルマーニ

Giorgio Armani

Giorgio Armani Mens Wear

Faces Of Sport

ソフ

SOPH.MAGAZINE

SOPH.SOCCER GRAPHIC

トム・フォード

Tom Ford

Visionaire 24 Light Tom Ford

ドルチェ&ガッバーナ

10 Years of Dolce & Gabbana

20 Years of Dolce & Gabbana

Dolce & Gabbana (Memoirs)

ナンバーナイン

NUMBER(N)INE

ネイバーフッド

NEIGHBORHOOD MAG vol.1

NEIGHBORHOOD MAG vol.2

バレンシアガ

Balenciaga Paris

Balenciaga (Fashion Memoir)

M´EMOIRE DE LA MODE

フセイン・チャラヤン

Hussein Chalayan

C Magazine

ブレス

10 Years of Themelessness

マルタン・マルジェラ

LA Maison Martin Margiela

2000-1

Street

ラフ・シモンズ

Raf Simons Redux

The Fourth Sex

ヨージヤマモト

M´EMOIRE DE LA MODE

A Magazine

Yohji Yamamoto (Memoirs)

福田春美(WR)

ファッションディレクターの言葉と心と夢

このブログのランキングは?

     

     

にほんブログ村 ファッションブログへ

     

にほんブログ村 ファッションブログ トレンド情報(ファッション)へ

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
バロメーター
ページランク